2009年03月05日

記憶

タケがお腹にいた時、私は少し不安でした。

実家の母はすでに他界してたし、

そんな事もわかんないの?っと思われるのがコワかったし。

でも、周りの人達がさりげなく支えてくれたおかげで、楽しく育児ができてます。

それから・・

不思議な事に、タケを育児するようになって

私の幼かった頃の記憶がよみがえるようになってきました。

多分、相当古い記憶なのです。

私が寝ている時に、眠いのに母がオムツ換えをしている時の記憶。

  水仕事をしていたのか、冷たい母の手がイヤだった。

母がご飯を私に食べさせている時の記憶。

 早く私に食べさせたかったみたいで、口にいっぱい入れようとしていた。もっと味わいたかったのに。


どれも、イヤだった記憶が多いのだが・・。(^^;)

でも、どうやって食べ物に気を使っていたとか、どういう風に私を大事にしていたとか

最近になって分かってきました。

この記憶が正しいのか、今では確かめる事はできないですが、

私がタケに優しく、大事にできるのは、この記憶が影響しているのは間違いないような気がします。

母にはとても感謝です。




同じカテゴリー(妊娠・子育て)の記事画像
家の画伯
初めてのお弁当
ひとりでできてたのね・・。
寒いよぉ
暖かくなったので
初めての散髪
同じカテゴリー(妊娠・子育て)の記事
 家の画伯 (2009-04-02 21:10)
 言葉 (2009-03-30 11:12)
 初めてのお弁当 (2009-03-11 09:38)
 やはり旦那似か・・。 (2008-10-29 23:59)
 旦那と息子 (2008-07-31 23:40)
 初熱 (2008-07-29 00:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。